2017.03.02

身体の使い方 -速度-

画像はソフトボール日本代表上野選手の投球動作時前腕速度推移を表すものです。 トップから腕を振り下ろす時に一番腕の速度が上がり、一番速度が必要そうなリリース時には減速しています。 ソフトボール投球動作には「ブラッシング」という腕を身体に接触させる技術がありますが、これは意図的に腕に急ブレーキをかける事で力をボールに伝えているのです。



イップス症状と『止める力』

物理の観点では力と「速度」は無関係です。インパクト時リリース時に必要なのは「加速度」しかも(-)加速度が必要でこれを私は『止める力』と呼んでいます。 この止める力を封じ込めてしまう考え方や方法論が、技術低下やイップスを生み出していくのです。

その他の記事

2017.03.02
身体の使い方 -速度-